Two Pillars

品質の確保

システム要素の影響を機能的に分析する

DRBFMは、システム開発においてますます重要な品質方法になりつつあります。 システム内のシステム要素から始まる関係の分析のトピックは、重要なトピックです。 相関関係の定期的なレビューでも、システム要素の変更による分析でも、DRBFMによるシステムの機能指向ビューにより、システム全体のリスクと影響を判断し、必要な対策を導き出すことができます。

iQUAVIS で DRBFM を実行する

要件、機能、システム要素のシステム間のリンクにより、iQUAVISはDRBFMの実装を簡素化します – 例えば、DRBFMフォームは、すでに知られ、リンクされた情報から迅速に作成されます。 コンパイルの労力が大幅に削減されます。 機能指向のアプローチのおかげで、具体的なリスク、リスクの評価、および必要な対策の割り当てが迅速かつ簡単にまとめられます。 さらに、iQUAVISは、特定されたリスクと対策をFMEAなどの他の品質対策に直接再利用して構築することを可能にします。

DRBFM と iQUAVIS を組み合わせることで、次のことが可能になります

関数指向解析

システム関係の機能指向の考慮の助けを借りて、純粋に物理的なビューでは必ずしも明らかではない相関関係も識別されます。

直接的影響と間接的影響の単純な組み合わせ

要件、機能、およびシステム要素のリンクされたデータベースのおかげで、他のシステム要素への間接的な影響が自動的に識別されます。

上部へスクロール