Two Pillars

なぜシステムズエンジニアリングなのか?

今日の技術製品は、メカ、エレキ、ソフトウェアなどのさまざまな分野と非常に深く統合しています。 メカトロニクスおよびインテリジェント・システムの場合、製品開発における課題が増大します:統合が進むと、開発されるシステム、または設計中のシステム内の依存関係が増加します。 ここで必要なのは、分野横断的な方法ですべての要件を考慮し、複雑さを攻略するのに役立つ包括的な手法です。このような複雑なメカトロニクスシステムの開発を行うことが、システムズエンジニアリングの目標です。

その核となるのは、次のことです。

モデルベース・システムズエンジニアリング(MBSE)はこれらの潜在的な利点を実現するために、システムをモデルベースの記述に依存しており、有効性と効率を高めるためのことに寄与します。 MBSEの中核となるシステムモデルは、開発するシステムの要件、機能、およびソリューション要素を記述します。 この情報はリンクされた形式で利用でき、使用することもできます。 また、リスクや影響の分析にも使用できます。 したがって、不完全な仕様や紛らわしい仕様は、もう過去のものです。

システムズエンジニアリングは製品開発を加速する方法であり、 iQUAVIS はこの方法を最適に実装できるツールです。

他社の考えを知っていますか?

35 %
・SEの必要性を強く意識している
0 %
・国際比較において 自社のSEが十分に優勢とは思っていない
20 %
・システムエンジニアリング
およびMBSEの導入過程にある
15 %
・システム・エンジニアリングを
「トップマネジメントのテーマだ」と捉えている

システムズエンジニアリングとは

システムズエンジニアリングで最も広く使用されている定義は、INCOSE(国際システム工学評議会)から来ています。
世界中のシステムズ・エンジニアにとってのINCOSEとは、 例えばドイツのエンジニアにとってのVDIのようなものです。

「システムを成功させるための複数の専門分野にまたがるアプローチと手段。このアプローチは、開発プロセスの早い段階で顧客のニーズと必要な機能を定義し、要件を文書化してから、問題全体を考慮して、システム設計と顧客との調整を進めることを目的としています。システムズエンジニアリングは、お客様の経済的ニーズと技術的ニーズの両方を考慮し、ユーザーのニーズを満たす高品質の製品を作成することを目指しています。」(INCOSE)

この非常に技術的な定義は、プロの世界での共通理解の土台です。 さらに、システムズエンジニアリングを社会技術的アプローチとして説明するラインハルト・ハーバーフェルナー教授のアプローチは、ヨーロッパの中心的なコミュニティでも普及しています。 彼はこのアプローチを「人型システムズエンジニアリング図(Systems Engineering-Männchen)」に要約し、Two Pillars の設立にも大きく貢献しました。

人型システムズエンジニアリング図

複雑な社会技術的問題を今すぐ解決しましょう!

ハーバーフェルナーのアプローチは、その方法論とツールに加えて、基本的な規範原則と変更管理への初期アプローチに特に焦点を絞っています。 したがって、よく知られている「人型システムズエンジニアリング図」は3つの領域に分けられます。

1.システムエンジニアリングの旅は「頭(マインド)」から始まります。
SEの哲学は、システム思考と最も重要なシステムズエンジニアリングの手順に分けられます。

2.「足」はSE導入にしっかりとした足場を与えます。
これは、システム設計とプロジェクト管理のツールが固定されている場所です。

3.「胴体」は接続要素です。
プロジェクトは頭と足の相互作用を通じて、構造化された方法で実行されます。胴体はは、アイデアがソリューションまたは製品に変換される場所です。 「頭」が方向性を決め、「足」が目標を運び、その中間である「胴体」が開発プロセスです。

システムズエンジニアリングの歴史

システムズエンジニアリングは、複雑なシステムを開発および管理するための方法として20世紀に確立されました。 特定の要件を満たすためのシステムとその相互作用の全体像に特に強みがあります。 しかし、現代のシステムの複雑さが増すにつれて、システムズエンジニアリングに対する要求も拡大しています。 その結果、これらの課題に効果的に対処する新しい方法、モデルベース・システムズエンジニアリング(MBSE)が登場しました。

この変更の主な理由は、システムの複雑さに対する要求の高まりに対応する必要があったことです。 MBSEを使用すると、複雑なシステムをより抽象的なレベルでモデル化および分析できるため、システムの理解と習熟度が向上します。 モデル(キーワード:デジタルツイン)を使用することで、エンジニアはシステムのさまざまな側面を同時に見て、変更の影響をより適切に評価できます。

MBSEへの移行のもう一つの理由は、システム開発における異分野連携の高まりです。 現代のシステムでは、メカ、エレキ、ソフトウェアなどのさまざまな分野の協力が必要です。 モデルを使用することで、これらの異なる分野は、システムコンポーネントを互いに独立して開発および統合できます。 モデルは共通言語およびインターフェースとして機能し、ライフサイクル全体を通じて情報のスムーズな流れと効率的なコラボレーションを実現します。

システム工学は21世紀の発明ではありません。 しかし、エキサイティングなマイルストーンとは何ですか?

FAQ システムズエンジニアリング

システムズエンジニアリングについて質問はありませんか? MBSEの導入に伴うよくある質問と典型的な問題をFAQにまとめました。 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

上部へスクロール