Two Pillars

バリアントマネージャー

バリエーションは製品を複雑にします。

依存関係や条件が非常に複雑に絡み合うことから、製品開発に大きな課題をもたらすことがよくあります。 これは通常、開発と管理の連携が不正確であったり、依存関係に関する共通の理解が不足していたりする場合に発生します。

ここで、iQUAVISバリアントマネージャーの出番です。 バリアントマネージャーは、既存のシステム内の依存関係と条件を表現し、完全に理解することを可能にします。 市場に出回っている他のソリューションとの違いは、iQUAVISはシステムレベルの記述するため、バリアントにおいても分野横断的に見られることです。

バリアントマネージャーはiQUAVIS の追加機能であり、製品開発で製品バリアントとオプション、およびそれらの依存関係を表示する場合に多くの利点をもたらします。

iQUAVISバリアントマネージャを使えば、別のツールを使うことなく、トレーサビリティ・ツリー内で作業を継続できます。

このようにして、システム全体でトレーサビリティを維持できます。

バリアントとシステムエレメントの条件と対象依存を設定することで、バリアントを把握できます。

バリアントマネージャーが提供するものは次のとおりです。

Liste der Konfigurationen im Variantenmanager

バリアントマネージャー・ウェビナー

このウェビナーでは、クリスチャン・ブレマー博士がバリアントマネージャーを紹介し、製品開発におけるオプションとバリアントの操作方法について説明します。

上部へスクロール